2011年8月21日日曜日

information / 寄稿


ラブリーでキューティーでボンバーな文芸誌「ふつうのおんなのこ」に寄稿しました。
「結婚できる放射能」というタイトルです。ばしーんと載せていただきました、わいわい。
いつものように女性ファッション誌の見出しを眺めていたら、「結婚できるコーディネート」と。なんじゃそりゃあ。「かわいい」「モテる」じゃ足りないの!
もはやコーディネートは「結婚できる」にまでいっているのか!と、おののきつつ、なんじゃそれぶっとび〜ってそのことを書いてたら、
震災で私は好きな人と別れました。なんかもう最悪の二次被害で、泣くわめくのそれはもはや私が放射能みたいな状態で、早く避難しろ〜!みたいな。避難警告!ただちに被害あり!
結婚のためにコーディネートなんて考えたことないし、守られる存在になんてなりたくないし、結婚で安定?なんだそれうまいのか?っていう典型的自立風味女子(笑)
それなのに、こんなにも寂しい!と。本気で震災を呪った。こんなことがおきなければ、原発なんてなければって。部屋の中で消せないテレビのニュース映像と、余震が続く。
余震!って思ったら新聞配達さんがすごい勢いで階段を駆け上がる揺れかいーって朝びっくって起きる。配達屋さんも呪う。
なんで隣にいてくれないんだよー!って悔しくて悲しくて。守るべき家族がいたらひとりぼっちじゃないのかなとか。行くべき場所も守るものもない私には酷な状況だ。
メルトダウン一瞬でとおりこしてメルトスルー。涙は汚染水。漏れだせば漏れだすほど、彼を追いつめる。
それでもやっぱり好きって気持ちは粒子状になってあふれてる。
核廃棄物は10万年後までのこるって。もはや私の気持ちもそんな感じ。深く深く掘って。10万年も蓋を閉じてないとすぐに爆発しちゃう。
この気持ちは半永久的にあるの。未来人がみつけてくれるかな?その頃にはもう人類はいないかな?地球もないかも。宇宙の果てで浮遊する私の愛。なんていったら はずいけど、宇宙の塵になっても残るよ。

10万年後へのラブレターです。

ふつうのおんなのこ購入希望の方はふつうのおんなのこか、私まで〜。


0 件のコメント:

コメントを投稿